世界の終わりには君と二人で。

社会人のヲタクがA.B.C-Zを中心に色々とお伝えするブログです。今までの経歴などは→http://profile.hatena.ne.jp/blue_rendezvous/

生霊が憑いてしまったお話

ほんの少しだけオカルトな話をします。
要は「人の羨まず自分らしく生きよう」という話です。
ジャニーズ関係ないです、すみません。
備忘録としても書いてるので長いです。

 

 

26歳はいろいろ起こる?

1月後半から2月初旬まで、私はひどい喉風邪のようなものを患っていた。
熱は微熱程度だけど、とにかく喉が痛い。
ひどいときは、朝目が覚めると口のなかに血の味が広がってるくらいだった。

実は昨年12月末も風邪をひいていて、その1ヶ月にも満たないスパンでやってくる体の不調に「初めての経験だな。歳を取ってきた証拠ね」なんて思ってた。

 

体調面だけではない。
去年秋からなにかとうまくいってない。
付き合って7年目に突入する彼氏とうまくいかなくなり始めて、仕事も「心と体のバランスがとれないなこりゃ」と思うことがちょいちょいあり、転職をすることにした。
細かいところで言えば、正月に父から受け取ったお年玉をなくしたこともあった。数万円入っていた。*1


まー、なんか26ってそういう歳なのかもな。
なんてこういうものだなと受け入れていた。


そして2月半ばに現職の有給消化期間に入った。20日近く余っていた。
時間はあるけど、お金はそんなにないから旅行なんかもできないし、同居してる彼氏ともうまくいってないし…

そうだ、実家に帰ろう!久々に実家に長居しよう。

そうして鈍行でゆらゆら揺られ北関東にある実家に帰ってきて、家事を手伝いながらまったりと過ごしているのが、今だ。

f:id:blue_rendezvous:20170223154201p:plain

 

「見える人」の話

さて、話は変わるけれど、私の住む田舎には「見える人」がいる。
何が見えるのかというと、人のオーラとか守護霊様とか、まぁ「この世にはいないはずのもの」が見える人だ。
正直最初は半信半疑だったけど、色々ご本人に聞いたり、他の人の話を聞いていくと「本当に見える人なんだな」と信じるようになった。
例えば、何も言わずとも、相談者の亡くなったお父様の好きな食べ物を事細かに羅列し始め、それがすべて当てはまってたりする。相談者さんのお父様が守護霊としてついていて、お父様から聞いたらしい。
あとは、なくなった財布の場所とか、迷子になったワンコの居場所とかも、さらりと言ってくれる笑

その人は占い師でもないから、未来にこうなる、とかは全く言わない。
「守護霊様がこう言ってるよ」とか、「あの人は○○だからね」と分析してくれる人。事実(と言っていいのか)のみを言ってくれる人だ。

 

「まぁ、なんか色々あったし、みてもらうか」
先日、そんな軽い気持ちで「見える人」(Aさんとしようかな)に会うことにした。

 

 

衝撃的な一言

「おはようございますー」
と挨拶をして、Aさんのいるお店のドアを開いた。
奥からAさんがやってくる。お顔のパーツがすべて丸でできてるような、素朴で優しい人。

Aさんはいつも通り穏やかな顔で出迎えてくれた。

 

が、その日は普段と様子が違った。
普段はすぐ席へと案内してくれるけれど、その日は出会うなり私の顔を(正確には私の顔の横らへん)、まんまるな黒目でじーっと見つめてくる。
穏やかな顔が、穏やかな顔のままで数秒固まっていた。

そして、
「おねーちゃん、なんか憑いてるよ」
と言ってくれた。

 

「へ?!」と、漫画みたいなオーバーリアクションでびっくりしてしまった私。だって、そんなこと開口一番言われるなんて思いもよらないでしょう。


戸惑う私とは対照的に、Aさんは冷静に「つけてるマフラーとか出来るだけとって、お外で太陽に背中を向けて少し光合成してくれる?」と私を店の外へ促してくれた。
まだよくわかってない私は、一瞬「光合成て!植物かいな!」と笑いそうになったけれど、Aさんの「いやぁ、久々に鳥肌立っちゃった」という独り言を聞いて、一気に背筋がシュンと冷たくなった。
何が起こってるんだ、私に。

f:id:blue_rendezvous:20170223154255p:plain

 

 

その正体とは?

「ランドセル背負ってるみたいに、生霊が肩にいるの」

Aさんはドアを少し開けて顔だけ出すようにして、そう言ってくれた。明らかにお店の中に入れたくないんだな、という態度だった。

 

だんだんと、怖くなってきた。
正直、どちらかといえばオカルトな話や幽霊モノが好きな私は「耐性がある」と思っていたのだけど、いざ「自分の背中に見えないものがいるらしい」と考えてみると、いてもたってもいられなくなってしまった。

 どんな顔、形、色をして、どんな気持ちで私に憑いてるの。
何か私、誰かに恨まれるようなことをしたっけ…とぐるぐる頭の中が「不安」と「恐怖」でいっぱいになってくのが自分でもわかった。

 

ただ、「死んでしまうのか」みたいな絶望感は感じなかった。そこまでではなかった。けれど「得体のしれないものがいる」という事実だけが、じっとりと頭にこびりつく感覚だった。

その後10分ほど言われたとおり寒空の下背中を太陽に向けて、ようやく中に入れてくれた。

 

「一緒に住んでる人へのジェラシーがあなたに憑いてしまってる」とAさんは教えてくれた。
話をよくよく聞くと、私の彼氏に対して嫉みをもつ男性の感情が生霊として現れ、それが一緒に住む私に憑いてしまったらしい。
「オレより出世しやがって」とか「あのくらいの女、オレだって…」みたいなそういう男性的なジェラシーとのこと。
確かに、彼氏は今仕事はとても充実していて、いろんなことを任せられはじめていた。後輩もできてやりがいを感じているようだった。
ただプライドが高く、家では周りの人を少し見下すようなことを口走る彼氏なので、私はすぐに「ああ、そうか」と納得した。なんか周りの鼻につくようなことをしてしまったんじゃないかな、と考えた。

f:id:blue_rendezvous:20170223154334p:plain

 

 

「疲れる」ことは「憑かれる」

ってことは、つまり「とばっちり」かよ!
彼氏への気持ちが、一緒に住んでるというだけで私に来てしまったのね!
なんか、腑に落ちない!笑
まぁとりあえず、私に対して嫌な気持ちをもってるわけではないことは、安心した。

 

Aさん曰く、「憑かれる=疲れる」らしい。
心が弱っていて、一人溜め込んでると生霊はそこにいってしまう。
「1人で「疲れた、疲れた…」って独り言を言っちゃう、とかは危ないのよ。」


独り言を言ったかどうかは記憶にはなかったけれど、秋頃からの自分の弱りを省みると「つかれやすい」状態だったのだ思う。

続けてAさんは私に「まだ新しい生霊ですね」と言った。1〜3ヶ月くらいの間に憑いたようだ。

 

「あー。モロに色々と不調だったタイミングだわ」
私の中で何かがピン!と繋がった。合点いったぜ。
前の風邪から1ヶ月も満たないうちに変な喉風邪をひいたのも、このせいだったのかもな。
いろんな不調は、もしかしたらこのことだったのかもな。

 

Aさんは、そのあといわゆる「除霊」の方法を教えてくれた。
詳しくは書かないけれど、軽い食事制限と、あるお守りを持ち歩くこと。ちなみにお守りは、怪しい10万円のやつとかではなく、私にゆかりのある神社のとあるお守りだった。
それを3日間行って、またAさんに「とれているか」を見てもらうことになった。

f:id:blue_rendezvous:20170223154344p:plain

 

 

除霊しました

結論からいえば、とれた。
実は食事制限の最終日3日目の夜、まちがえて「食べちゃだめ」と言われてたものを口にしてしまったんだけど笑
それでも、とれていた。

 

ちなみにその期間を振り返ると…

2日目に久々に頭痛に襲われた。じんじんと締め付けられるような継続的な頭痛。特に生理だったわけでもない。

 

そして次の日(最終日)になると、なんだかとても「スッキリ」していることに気づいた。
午前から大量にお洋服を買っていたので、ストレス発散になったのかもしれない笑
ただ、その日は母親も偶然「なんだか今日とても気分が軽やかなの」と言っていた。

 

生霊がおちたから?
なんて考えすぎかしらね。とにかく、とれてよかった。

 

3日後会ったAさんからは「実は一回の除霊じゃ落ちないと思ってたんです。守りが強いんですね」といつものにこやか顔で伝えてくれた。そして、「霊障にあいやすい、つかれやすい体質かもしれないので、お守りは当面持っていてくださいね」と怖いことも教えてくれた。
霊障にあいやすい体質、とは………。
霊感は全くと言っていいほどないし、勘もはたらかない。霊障にあいやすい、ってなんなんだろう。

 

それからお守りをどう持つといいのかもレクチャーしてもらって、Aさんとはさよならをした。

f:id:blue_rendezvous:20170223154455p:plain

 

 

他人にマイナスな感情を抱くということ

不思議な経験をした、と冷静に思う。
人に「憑いてるよ」なんて言われる経験、今後あるのかしら?と考える(Aさん曰く、つきやすいようだけど…)。

 

けれど、人は「他人への恨みや嫉みの感情」なんて、いくらでも持ってしまうものじゃないか。人を羨む気持ちが、こうやって簡単に他人に影響を及ぼしてしまうと考えると、私の生霊も誰かに憑いてしまってるのでは?とさえ思う。

 

今回の生霊を発した人は、どれだけ彼氏へのジェラシーがあったかはわからない。殺したいほどだったのかもしれない。でも、そこまででもなかったのかもしれない。きっとその人も辛いと思う。人を羨むエネルギーって、相当大きくてしんどいもの。
他人を羨むな!比べるな!憎むな!
そんなことわかってる!わかってるけど!
そんな葛藤があったのかもしれない。

 

人にマイナスの感情を持つことは仕方ないし、それが人間なんだろうと思う。
けど、その気持ちのせいで、自分や他人になにかしら嫌なことがおこるかもしれない、ってことは、心にとどめて置かなければならないのかもしれない。

f:id:blue_rendezvous:20170223154521p:plain

 

 

霊だのなんだの置いといて

ちなみにこういった話は、霊だのなんだのということでもないように思う。
生霊とかそんなのを取っ払っても、「人を憎む」気持ちはエネルギーが必要で、それを無意識に受けてる人は、なんらかストレスを抱えて体調不良を起こす、なんてことはざらにあるんじゃないか。


変な嫌味を言われたり、嫌な態度を取られたりすれば、そりゃあ気分を害す。
そのストレスを同居人に話して、同居人も一緒に悩んだり悲しんだりして同じストレスを抱える。
そして、それが溜まって体がほんの少しキリキリと歪み始める。

 

そんなこと、よくありそうじゃない?

 

もっといえば、除霊として教わった食事制限も根本を辿れば「ファスティング」と一緒のものだった。
体が重いなと感じたとき一日でもファスティングをすると体がスッキリ!なんてのはよく聞くし、実際私もそういう経験をしている。
お守りも、「なにかが私を守ってくれている」というだけで心が安らぐと考えれば、オカルティックなことを抜きにしても効果はあるように思う。

 

何かの不調を、霊障と捉えるのか、生理現象と捉えるのかの違いでしかないんじゃないか。
共通して言えることは「心の健康」であって、人を羨んだり一人で溜め込んだりすると、嫌なことを引き連れてしまうんだよ、ってこと。

 

自分らしくノーストレスで生きる事が何よりなんだ。
私もよくメソメソして落ち込むことがあるけれど、もう「つかれ」ないように、前向きに生きたいなと改めて思った。

 

生霊に憑かれて、色々と考えた日々だった。

f:id:blue_rendezvous:20170223154554p:plain

 

*1:この歳になってもらってんじゃねーよって話ですけどね…。数年ぶりに正月に帰ったらもらったんです…。

A.B.C-Zメンバーの2017年の運勢を見てみました

あけましておめでとうございます、ぐりたです。

新年は実家に帰ることもなく、同居人も帰省しているので一人でまったりしています。

まったりするとずっとTwitterにかじりついているだけなので、新年早々ブログでもしたためようと思った次第です。

 

f:id:blue_rendezvous:20170102144457p:plain

 

 

さて、私にはずっと「信用している占い」がありまして。

宿曜占星術

っていうんですけど。

 

母が本を持っており、それを読んでみたらまぁ自分に当てはまっているところが多々ありまして、それ以降、この占いは運勢などを毎年見るようにしています。

 

今回、新年ということでA.B.C-Zの2017年の運勢をこの占いで見てみようと思います!

Reboot!!!」を掲げたA.B.C-Zのメンバーはどういう1年を過ごすのか!

面白半分で見てみましょう。

 

 

f:id:blue_rendezvous:20170102144351p:plain

 

 

前提

宿曜占星術は生年月日で27つに分類されます。

27つごとに性格や恋愛傾向などはもちろん、それぞれの分類の相性なんかも見られます。

今回は以下のサイトを参考にしました。

fs-astrology.com

 

是非みなさんもご自身を占ってみてくださいね。

えび全員との相性を見るのも面白いかもw

 

 

橋本良亮 1993年7月15日生まれ

畢宿(ひつすく)

畢宿(ひつすく) | 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

 

【ざっくり性格】

畢宿生まれのあなたは、見かけも素朴で、男は飾りっけがなく、女性は日本的な美人が多いのだが、割と庶民的で気取りがなく、中にはぬかみそ臭い人さえいる。

 

【2017年の運勢】

「安」運

緊張感から解放され安定した年を過ごす事ができる。
「安」運は、「安定」を意味します。心身ともに安定した年であり、平穏無事なリズムに包まれています。
変化を試みても安定しているため、旅行、移転、物事の整理に最適な年です。
逆にリラックスし過ぎてしまうと、物足りなさから無気力感なりそう。
足腰を軽くし、人生を楽しむつもりで遊びに行きましょう。
そうする事で、交流も広がり新たな出会いが生まれます。
また運気が安定している為、何事も冷静に考えられます。目指している目標があれば準備期間としても最高です。
スキルアップ、知識の吸収にも適しています。
「安」の年はプライベート、ライフワークを充実させる事で更に充実した日々を過ごす事ができます。

 

 

おおおお、なんだかいい感じ。

ちょっと無気力っていうのが気になりますけどもw

是非いつものゆるゆる~な感じで乗り切ってほしいですね。

 

 

戸塚祥太 1986年11月13日生まれ

塚田僚一 1986年12月10日生まれ

胃宿(いすく)

胃宿(いすく) | 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

 

【ざっくり性格】

胃宿生まれのあなたは、端的に言うと、実力があり、知謀に長けた「野中の一本杉」だ。でなければ救いがたい愚者かどちらかである。
つまり、知者と愚者の差が極端だということである。

 

【2017年の運勢】

「栄」運

「栄」運は文字通り「繁栄」を意味します。
暗闇から抜け出し視界がハッキリしていきます。新しい事に向けて、仕事や習い事をスタートさせたりするのも良いでしょう。
また、相談やプレゼントする年としても最適です。結果を得やすい好調の年。
行動は積極的に、自信を持って進んでいきましょう。
新たな自分を探し求め、やりたい事にトライするのも良いでしょう。
その行動力が仕事でもプライベートでも繁栄に繋がるのです。
また、この年は様々な面で好調の為、周囲からの妬み、嫉妬を買いやすく人間関係では協調性を大事にし言動に注意を。
繁栄期は、心が浮ついている為、事故やケガにも気を付けて。
栄運を最大限生かすには行動力が開運の鍵となります。

 

とっつーと塚ちゃんは同じ宿でした。

ふたりとも「繁栄」ですって!5周年にぴったりの時期!

Reboot!!!で激しいアクロバットをしているので、事故やケガは結構リアルですね。ジャニーズアイランドもあるし…。気をつけて…!

 

 

河合郁人 1987年10月20日生まれ

角宿(かくすく)

角宿(かくすく) | 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

 

【ざっくり性格】

角宿生まれのあなたは、女宮と秤宮に半分ずつ支配されている星だが、本質的には「女の星」だ。
オシャレ上手で華やかな外見とは反対に、永遠に少女の心を失わない純粋な心の持ち主。

 

【2017年の運勢】

「危」運

「危」の年は状況が目まぐるしく変化する年であり、180℃状況が一変していきます。
仕事運は吉であり、今までとは違った環境に身を置いたり、刺激的な年となるでしょう。
しかし、危険、敵対を意味する年でもあり、吉凶混合で、危険が伴う年です。
旅行や遊びごとには向きません。
また、人が集まるような結婚式、パーティーは早く切り上げた方が得策です。
良き理解者や、新しい仕事仲間との交流は、あなたを大きく成長させてくれるでしょう。
この年は過去志向よりも未来志向が有利になります。
仕事面でも、変化が起こりやすく、危うい状況に遭遇するかもしれませんが、柔軟な発想で環境に適応していく事で、今後の自信にも繋がっていきます。
「危」の年は、これまでの固定概念を捨て、新しい技術、新しい方法を見出していく事が開運に繋がります。
また、心は過去方向へ進み、環境は未来方向に進む運勢の為、すれ違いや伝達ミス、事故や体調管理にも注意する必要があります。

 

仕事面は吉!「変化が起こりやすい」…とな。なんだかやっぱり節目、転換の意味に捉えられますね。

「危」の年は、これまでの固定概念を捨て、新しい技術、新しい方法を見出していく事が開運に繋がります。

 

おおお…。固定概念を覆すのは得意じゃないですか、河合さん!楽しみにしてます!

 

ちなみに5人の中で郁人が一番総合的に「当たってる」と思いましたw

少女の心わろたwwwwwwwwwwww

 

 

五関晃一 1985年6月17日生まれ

觜宿(しすく)

觜宿(しすく) | 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

 

【ざっくり性格】

觜宿生まれのあなたは、知的で理論的、知識欲も貪欲で、エネルギーは旺盛。内心は強情で、転んでもただでは起きないという粘りもあり、悪運も強いほうで、最後には目的を貫徹する人だろう。

人柄は独善的で悪の強いタイプがある一方、徳行高く、慎み深く、礼儀正しい温厚な道徳家も見受けられる。

 

【2017年の運勢】

「危」運

(省略)

 

な、なんと宿曜が違うにもかかわらず、河合郁人と同じ運勢です…。こんなこともあるんか…。

2017年、180度色々なことがかわる男が2人………どきどき…。

 

 

 

まとめ

はっしーは安定、残り4人は「仕事に関しての新たなスタートには良い年」というところでしょうか…!!!

全員悪い運勢ではないようで、私はとっても安心しました。

5周年という節目の年らしい運勢なのではないかなーと思います。

 

 

ジャニーズカウントダウンコンサートからReboot!!!の初パフォーマンス披露にはじまった2017年。

Reboot!!!のあまりの凄さに、私は「あー、この一年最高の年になるわ」と確信いたしいました。

 

5人にとっても、どうかこの一年が最高の年でありますように。

 

 

ちなみに戸塚田が同じ宿曜なのですが、これは宿曜で言う「命」の相性なんですね。

自分と同じ宿星の相手、運命的な縁が強い。
相手を見て、まるで自分自身を見ているような感覚で、お互いの長所短所が分かるので、つき合いにくい相手でもあります。
また、似た者同士でもある為、出会った状況によっては短期間で急速に近づく事もありますが、長期間一緒にいると苦痛を感じ、自分の長所が相手の長所、自分の短所が相手の短所と見て我が身を正す姿勢が重要。お互い張り合うケースもあります。

もうなんか戸塚田~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~って感じでごちそうさまです。

 

それではー。

 

 

「みんなで楽しむともっと楽しい」を感じた2016年

こんにちは。ぐりたです。

只今年末のHDD整理の真っ最中。HDD内も大掃除しないとですね。

 

さて、本日2016年最終日ということで今回はジャニーズに関わることからそうでないことまで、今年を振り返っていきたいと思います。

 

 

1,現場20本達成

今年のはじめ、なんとなく「ライブエンターテイメントを20本観る」という漠然とした目標をたてまして、それを無事達成することができました。

「現場」と称しておりますが、いわゆるライブだったり、公開録音だったり、の「生のモノ」を見に行く意味としています。

まとめるとこんな感じ。

 

 

もともと「遠征は基本しない」とか言ってたのですが(社会人えび担4年目の応援スタンス - 世界の終わりには君と二人で。)

まんまと今年は「Star Line Travel Concert」@大阪城ホール赴いてしまいましたw

だってダメ元で応募したオーラス当たったんだもん!

この「SLTコンサート」にお金を費やした結果、ずっと行くか迷っていた「SUMMER SONIC」を諦めたというバックグラウンドあり。

 

今年は本当に「ジャニーズ」につぎ込んだな、と思います。幸せでした。

来年はもう少し、バンドや演劇もインプットしていきたいです。

Suchmos、never young beach、SANABAGUNあたり、行きたいです。

 

よっしゃ、金稼ごう。

f:id:blue_rendezvous:20161231130040p:plain

 

2,25歳、体の変化が訪れる

ガクッと来ました。具体的に言うと、今まで乾燥しなかったところが途端に乾燥しはじめましたw

まぶたの周りとか、頭皮とか…。対応方法を知らないので半べそになりながら母に「何をどうスキンケアしたらええん」と相談をしたのも良い思い出です。

どうかまだ25歳を迎えてない人は、気をつけてほしい…。オイルとか、ちゃんと塗ってね。

乾燥の他にも、色々と体調を崩した年でした。心も、体も。

なのでなんとなく、「リセット」のタイミングだなと思いましたし、自分を改めて省みる年だったと感じています。

f:id:blue_rendezvous:20161231130127p:plain

 

3,「みんなで楽しむともっと楽しい」

今回これが一番言いたいことです。

今年は私としては世間の流行と自分が合致した年でした。

 

例えば、もともと興味はなかったけれど、あまりにTwitterで賛美の声が多かったので観に行ったシン・ゴジラ

それに続いてこれも周りに合わせて観に行った「君の名は」

この世界の片隅にも、SNSでの評判を聞きつけて見に行きました。

どれも名作で、シンプルに「おもしろいじゃん!」と思える作品でした。

 

 

ポケモンGOをしに夜の公園に行ったのも思い出深いです。

深夜0時、普段は人っ子一人いない家のそばの公園に興味本位で行ってみると、既に30人程度の人がスマホ片手にポケモンを捕まえようと集まっていました。

彼氏に半ば無理やり「カビゴンを探しに行く」と代々木公園にも連れて行かれたこともあったw

 

真田丸「逃げ恥」も本当に面白かったです!未だにちょっとロスw

「逃げ恥」で星野源ちゃんが注目され、学生時代から好きだった自分としては少し悲しくなったり誇らしくなったりも。

 

このように、流行のコンテンツの波に自分もうまく乗って、そして心から楽しめた年でした。

f:id:blue_rendezvous:20161231130403p:plain

 

 

今、手のひらにすべて自分の好きなものが集まるこの時代。

なかなか「国民みんなが盛り上がれる」文化って、もうないんじゃないかと思っていました。

各々インターネットから好きなものだけを摂取していく時代になっていた(なっていく)と。

でも、今年はなんだか「日本国民みんなで楽しめること」が多かったのではないでしょうか。

学生時代、学校に登校すると「ねぇ、昨日の『学校へ行こう!』みた?」と盛り上がる日常みたいなものを、今年はいたるところで感じました。

 

そして改めて思うのがみんなで楽しむともっと楽しいという、根本的なこと。

一人で楽しむよりも、みんなでワイワイ盛り上がったほうが楽しい。そのコンテンツが何倍も面白くなる。

「楽しいね」って人と言い合うだけで、すっごく満たされた気持ちになる。繋がってる気持ちになる。そしてもっとそのコンテンツが好きになる。

そんなコミュニケーションの循環が人と人の間、そしてコンテンツに流れているな、と改めて気付かされました。

 

それは、ジャニヲタ活動でも一緒でした。

昨年はヲタ友ほぼ0だった私でしたが、今年は幸いにも色々な縁がありまして、たくさんのお友達に恵まれました。

会社の元同僚だった人が実はえびヲタで再会、なんてこともw

 

お友達のお陰で、私はもっとA.B.C-Zが好きになりました。

とっつー生誕祭に誘ってくれたお友達。

少し辛口な批評も聞いて共感してくれるお友達。

萌えどころ、ツッコミどころに共感してくれるお友達。

自担色のお菓子をくれるお友達。

一緒に写真を撮ってくれるお友達。

 

そんなお友達と過ごすことで、「やっぱえびっていいよね!!」の気持ちがどんどん膨れ上がっていきました。

 

人と何かを共有するってことは、こんなにも楽しくて面白いことなのだ。

そう気付かされた年が、2016年だったのです。

f:id:blue_rendezvous:20161231130248p:plain

どうか来年も、色々な人と「楽しい」を共有できますように!

 

 

来年もよろしくお願いします!

さて、3月からはじまったこのブログですがお陰様で読者やPV数も増えてまいりました。

ブログを始めた当初は漠然とA.B.C-Zのことならこのブログ、みたいになるといいな」と思っておりまして。具体的に言えばGoogleでえびのことを調べると上位にあがるブログになるといい」と思っていました。

意外とあっさりと、達成されました。

f:id:blue_rendezvous:20161231125739p:plain

 

アルゴリズムがわからないので、私だけ表示されるのかもしれないけれどw

(あともっとみんなえびについて書いて!w)

本当に有難うございます。

特に「カレンダー」の件はTwitterでも色々な方に広めていただきまして、ありがたい限りです。

 

来年も客観的に、けれど愛をこめてA.B.C-Zについて語り、そして応援していきたいと思います。

 

それでは、大変おこがましくはありますが

これを読んでくださっているすべての人に、素敵な2017年が訪れますように。

良いお年を。

 

それではー。

 

※私はこれからカウコンの準備です

LDHが羨ましいジャニヲタの話

こんばんは。ぐりたです。

明日は!待ちに待った!

A.B.C-Z Star Line Travel Concert」Blu-ray&DVDのフラゲ日で~~す!!!!!

abcz.ponycanyon.co.jp

まだポチってない方は以下からどうぞ!

www.amazon.co.jp

 

今回のコンサートは、個人的に初めてアリーナで見られたということもあり思い入れの強いコンサートとなりました。

明日は帰ったら即再生しちゃうんだから。

 

 

さて、そんな本日ですが、少し関連しているような、関連していないような話をしたいと思います。

 

タイトルにすべて出てしまっているのですが、要はSNSを駆使しているLDHのみなさん(特にE-girls)が羨ましくてたまらないし、更新の努力がすごいなと言う話です。

f:id:blue_rendezvous:20161205224200p:plain

 

公式発信系は月額制のジャニーズwebが主で、ようやくジャニーズWESTの公式Twitterアカウントが1つ開設されただけで大騒ぎのジャニーズ事務所さんにはほど遠い世界ですよ。

そんな遠い世界を、少しお話させてください。

 

 

E-girlsファンの筆者

まず私のことからお話すると、にわかE-girlsファンです。

今私は25歳で自分でも「ターゲットにそぐわない年齢」であることは自覚しているのですが、かっこよくてかわいい彼女たちから目が離せません。

 

正直最初はスクールカースト1位軍団な感じで大嫌いだったのですが、藤井姉妹の美しさからE-girlsの沼にハマっていき、特に「Dance Dance Dance」以降の「女性たちが憧れる女性」を踊り歌い表現する彼女たちが大好きになりました。

まだコンサートには行ったことがないので「にわか」と自分で思っています。

 

ちなみに推しは「この子!」って決めるのは難しくて…藤井萩花武部柚那坂東希あたりが「もうたまらん」って感じです。でも全員大好きです。

 

 

羨ましいポイント①アカウント数が多い

本題です。

この子たち、本当によくSNSを発信してくれるんですよ。

そもそもまず更新する媒体が多い。

 

たとえば、私の好きなメンバー藤井萩花ちゃん関連のSNSアカウントがいくつあるのかを見てみたいと思います。

 

E-girls mobile内コンテンツ「藤井姉」

E-girlsの情報を月額300円で入手できるモバイルサイト内のブログ的な存在です。

課金コンテンツなので画像などは載せられませんが、まぁ更新頻度が高い。

もちろん本人が更新しています。

12/4には3件の更新、12/3は2件、12/1は2件…

と日にちは空きつつも平均すると1日2件くらいは更新してくれます。

しかも私服やオフショット、メンバーとのツーショットなど盛りだくさん。動画だって投稿可能。

課金コンテンツということもありここが一番情報としては面白く、濃ゆいのではないかなと思います。

 

Twitter「@Flower_LDH」アカウント

萩花が所属する「Flower」の公式Twitterアカウントです。

f:id:blue_rendezvous:20161205221515j:plain

メンバー6人がそれぞれ更新をしており、萩花の更新は他メンバーに比べて少なめではありますが、それでもしっかりとツイートしてくれています(このアカウント自体の更新はほぼ毎日じゃないでしょうか)。

 

Twitter「ShuuKaren」アカウント

萩花が妹の夏恋と組んだユニット「ShuuKaren」の公式Twitterアカウントです。

f:id:blue_rendezvous:20161205221737j:plain

こちらはスタッフの更新になりますが、情報をしっかりと発信してくれています。

最近ユニットの活動自体が静まっているので更新は控えめですね。

 

Instagram「ShuuKaren」アカウント

まだまだあるんやで。

InstagramにもShuuKarenのアカウントは存在します。

f:id:blue_rendezvous:20161205222013j:plain

こちらのほうがTwitterに比べて情報量は多めですね。ちゃんと本人の更新です。

こちらはShuuKarenの情報だけでなく、E-girlsの情報も更新しています。

 

Instagram「eg_style」アカウント

E-girls全体のIGアカウントです。

f:id:blue_rendezvous:20161205222052j:plain

スタッフ更新ですが、オフショット満載なアカウント。

 

ほら、人気メンバーとはいえ1人で5アカウントも持ってるんですよ。すごくないですか。

しかもほとんど毎日更新。本当に素晴らしいです。

 

 

羨ましいポイント②発売前やライブ前にテンション上がる投稿をしてくれる

あともう少し羨ましいポイントをお話させてください。

彼女たち、CD発売にあたっては、ちゃんと画像まで用意して発売日までカウントダウンをしてくれるんです。

f:id:blue_rendezvous:20161205222144j:plain

f:id:blue_rendezvous:20161205222214j:plain

めちゃテンション上がりませんか。

SNSはスキマ時間につい見てしまう存在。見るたびに発売日のことを思い出し、公式と一緒にテンションを上げられるなんて、夢のようですよ。

 

ライブもその開催日、開催地によって微妙に画像を変えて投稿してくれます。

f:id:blue_rendezvous:20161205222238j:plain

これはそのライブに参加する人たちもうれしいですよね。

 

 

羨ましいポイント③メンバー同士の交流が見られる

そして、SNSアカウントでメンバー同士の交流も見られます。

これがまた可愛いのです。

 

たとえば、E-girls内新ユニット「スダンナユズユリー」公式アカウントの須田アンナ(スダンナ)の投稿。

f:id:blue_rendezvous:20161205222304j:plain

これに対して、E-girls内で高身長の佐藤晴美のユニット(?)「ツインタワー」公式アカウント(twin_tower_ldh)がコメント。文末に「楓」とあるので、これは楓の投稿ですね。

f:id:blue_rendezvous:20161205222328j:plain

めっちゃ普通の女子のコメントかよ。かわいい。

それに対してスダンナも返信。25歳の私には卍の意味がわかりませんが、とりあえずかわいい。

 

また、同じく「スダンナユズユリー」公式アカウントで同じく二人が絡んでいます。

f:id:blue_rendezvous:20161205222346j:plain

ドリカムかよ。かわいい。

 

「スダンナユズユリー」では同じアカウントでメンバー同士がコメントし合う光景も。

f:id:blue_rendezvous:20161205222413j:plain

ダンが投稿した写真に反応する武部柚那(ユズ)。そしてまたコメントを返答するダン

 

これらはすべて一部抜粋で、色々とメンバーがコメントしあってる光景がいつでも見られます。

 

 

みなさん、自担で想像してみてください…いいですか…想像してみてください…

尊い世界でしょう……

 

 

素晴らしい努力の賜物

本当に、素晴らしい企業努力、そして個人努力だと思います。

SNSを1つ投稿するにも、画像を用意して、文面考えて…をちゃんと自分自身のブランディングと照らし合わせて行うと考えると、非常に労力がかかるのではと想像します。

 

特にメンバーのYURINOAyaはいつもかわいいスタンプやモードな写真加工で、IG映えする投稿をたくさんしてくれます。

(ぜひ、各所公式を見てみてくださいね)

 

今それぞれE-girlsメンバーはE-girlsの活動はもちろん、E-girls内ユニットの活動もさかんでめまぐるしい毎日かなと思います。

それでも、ちゃんとこうやって更新をしてくれるなんて、本当にファンとしては嬉しい限りです。

 

 

一方その頃ジャニヲタは…

E-girlsファンとしては嬉しい一方、ジャニヲタとしては羨ましくてたまらない。

だってあいつら全然SNSやってくれないんだもんよ。

っていうかインターネットで顔出ししてくれないし。

 

ジャニヲタにとっては「なにを今更」なことかと思います。

しかし、やっぱりおかしいんですよ。こういう状況って。

 

もちろん特にLDHはこういったSNS戦略がとても上手な印象なので、それと比べては可哀想だと思います。

とはいえ、今の時代にあまりにジャニーズ事務所は適応してなさすぎる。

 

ファンの数が多く、また熱量が高いファンが段違いで多いので仮にSNSアカウントを開設したとしても、きっと監視や運営が本当に大変でしょう。その運営コストを考えると、たしかに開設しないことは一理あるのかなとも思うのです。

 

ただ、ファンとしてはシンプルに彼らの姿をもっと見たい。

もっと一緒に「ジャニーズ」というコンテンツを盛り上げていくような感覚を味わいたいんです。

 

首から下だけ写っている写真はもううんざり。週1更新の日記も少なすぎ。

 

うちのA.B.C-Zセンター橋本良亮なんて、フラゲ日前日の今日、なにも発売にも触れず「テンション上がらねぇ」みたいなこと言ってますからね。

まじかよ。上がらねぇのかよ。

こっちはフラゲ日が楽しみで仕方がないっていうのに。

「こういうところだよ」って言われても仕方ないよな。と思います。

 

もしかしたら、他のジャニーズメンバーも、そんなフラゲ日前日に「買ってね」なんて宣伝しないかもしれません。

でも、A.B.C-Zには、A.B.C-Zだからこそ、「他のジャニーズがしないこと」をどんどんしていってもらえると、すっごく嬉しいし、色々新しいことが起こるんじゃないかなと思うわけです。

もちろん、他のジャニーズもどんどんガツガツ来てほしいし、V6の三宅健くんみたいにどんどんとネット上の顔出しOKになってくれると嬉しいです。

 

 

今回はそんな、愚痴のエントリーになってしまいました。申し訳ない。

ただ、LDHのみなさんが頑張ってて、ファンもそれに呼応してる姿を見ると、羨ましくてたまらないし、E-girlsファンとしてとっても楽しい毎日を送っております。

 

ちなみにLDHの男性グループはまだ調べられてない+あまり興味がないのであしからず。

もしかしたらLDHの中でも女性だからこそ更新頻度が高いというのもあるのかな。

 

 

それではー。

 

2017ジャニーズ公式カレンダー ~A.B.C-Zカレンダーが出ない件について~

okmusic.jp

 

 

A.B.C-Zファンのみんな~~~~~!!!!

現実を見て~~~~~!!!!!!!!

今年、カレンダーでないよ~~~~~~!!!!!

 

 

「売れないジャニーズ」がガチ過ぎ…?

いや~。なんだかショックですよね。

f:id:blue_rendezvous:20161201130934p:plain

8割以上のジャニーズ事務所所属グループが出演する「ベストアーティスト2016」にもA.B.C-Zの名前はなく、突如酔った勢いなのか橋本良亮が自身のジャニーズweb内連載にて「3年以内にドーム目指す」みたいな発言をし…。

私の中では「売れないジャニーズ」がガチ過ぎて不安になってきたな、と感じている最中のニュースだったので、余計に驚きました。

 

昨年は月ごと、日ごとに写真があり且つ両面も楽しめるというボリューミーなカレンダー内容だったので2017年も楽しみにしていたのですが、残念です。

 

 

過去のグループのカレンダー事情について調べてみた

ということで、今回この出来事がどんなことを指すのだろう?ということについて邪推してみることにしました。もしかしたら「よくあること」なのかもしれないですしね。

さて、まずは何事も過去の事例から!

ということで、諸先輩方の過去の事情をほんの少しだけ調べてみました!

 

なお、正直に申し上げますと今回「なぜ出ないのか」については答えが出なかったです。

ただ過去事例から見てみて、「A.B.C-Zがどういう状況にあるのか」だけここに記すのみとなりました。ご了承ください。

 

 

カレンダー販売表

f:id:blue_rendezvous:20161201143042p:plain

はい、これが私の調べた結果です。

小さく表示されているかと思いますので、以下にサマリーや気付きなどを載せます。

 

なお、定義や表の見方としては

・ジャニーズwebに掲載されている「グループ」で調査

・縦が販売年、横がグループ。

・○が販売あり、空欄が販売なしもしくは私が見つけられなかったもの。

・販売年は「4月はじまりの年」。

 例えば「2015.4~2016.3」のカレンダーであれば「2015」に○。

・赤○は出版社の販売ではなく、コンサートグッズやCD特典などで販売されているもの

・カレンダーは公式のみ調査。

・灰色の部分は「未デビュー年」。

 例えばSMAPであれば1992年デビューのため、1990年、1991年は灰色。

・「結成」と書かれた部分はCDデビュー年ではなく「グループ結成年」。

 参考程度に記載。

 

 

気づき①:ほぼすべてのグループが一定の年数カレンダーを出し続けている

基本的に一度カレンダーが出たら、一定の年数カレンダーを出し続けているグループがほとんどのようです。

ただし、表の空欄部分であるTOKIOの2009年、2011年が本当に販売されていないとしたら、この時TOKIOファンは結構驚かれたのではないでしょうか。

なお私がただ地道に調べただけなので、実際は販売されてたのを私が見つけてないだけじゃないかなと思っています…。

 

また、SMAPについては本当にカレンダーの情報が見つからなくて…。もしかしたらもっと出していたのかもしれませんが、1997年以降の出版社発売の公式はどうしても見つかりませんでした。

それでも、1993年から4年間は毎年出していたことが確認できました。

 

 

気づき②:デビュー10年前後で公式からの販売はなくなるパターンが有る

これはしばしば既にジャニーズファンの中で言われていたことかと思います。

ジャニーズカレンダー|2012年カレンダーSHOP

ジャニーズ カレンダーはデビュー10周年まで

ジャニーズ カレンダー(ジャニーズ事務所オフィシャルカレンダー)は、デビュー10周年以降は発売されないという決まりがあるようです。その為、「SMAP2009年カレンダー」が発売される可能性は、ほぼないでしょう。

以下はジャニーズ事務所の各グループの結成時期と、初シングル発売日です。いずれのグループも「結成時期」の定義が難しいのですが、wikipediaを参考にしました。

TOKIO(トキオ)は、1990年4月結成ですので10周年の2000年カレンダーを最後に発売されていません。V6(ブイシックス)の結成10周年は2005年秋ですので、2006年のカレンダーが最後となりました。KinKi Kidsキンキキッズ)は、結成時期の定義が難しいのですが、デビューシングルが発売された1997年7月21日を「結成時期」と定義しているようで、デビュー10周年の2007年カレンダーが最後のカレンダーとなりました。

大人気の嵐(あらし)ですが、デビュー・初シングル発売ともに1999年秋ですので、前回の「2009年嵐カレンダー」が最後のカレンダーとなってしまいました。

 

確かに、私が調べた限りV6、TOKIOKinKi Kids、嵐(嵐については以降コンサートでの販売がありますが)がそれに該当していました。

 

 

気づき③:滝翼以降、デビュー10年で公式カレンダー終了説は当てはまらない

とはいえ、滝翼以降「デビュー10年で公式カレンダーは販売終了」は当てはまらないように思います。

例えば、タッキー&翼2002年デビューですが、10年を待たずして2010年以降販売していません。

 

次のNEWSについても、2004年デビュー2012年以降販売なし。

関ジャニ∞も2004年デビュー2012年以降販売なし。

KAT-TUN2005年デビュー2012年以降販売なし。ちなみにKAT-TUNは「結成年」から考えると2011年がデビュー10周年にあたります。

 

どうやら2012年でブツリと数グループのカレンダー販売が途切れています。

なぜカレンダーがでなくなったのかについては見えづらい結果ですね…。CD売上や活動なども特に問題なかったように思います。

あ、ただNEWSについては2011年に山下智久錦戸亮の脱退がありますねぇ。これがどう関係しているのかはわかりません!(KAT-TUNは赤西脱退後もカレンダー出してますし)。

 

 

気づき④:HeySayJUMP以降、コンスタントにカレンダー販売

2010年以降世代、つまりHeySayJUMP以降は基本的にコンスタントに毎年カレンダーが出ています。

特にHeySayJUMPは2017年分でちょうど10年ですね!2018年が出なかったら、一応「デビュー10年」の節目は目安として考えてもよいのかもしれません。

 

ちなみに2013年のSexyZone、中山優馬A.B.C-Z、Jrの合同カレンダーは色々と物議を醸したそうですが、まぁここでは「出ている」ということにしておきましょう。

 

 

想定①:コンスタントに出ている中でのA.B.C-Zはやっぱり異例かも

さて、以上が表から見た気づきでした。

ここからは印象や想定のお話をさせていただきたいと思います。

 

前述で「HeySayJUMP以降コンスタントに出ている」とありますが、A.B.C-Zだけ2017年出ないというのは、表から見てみても少し異例かなと思います。

 

「デビュー10年」に満たないNEWS、KAT-TUN関ジャニ∞などは一斉に2012年に販売をやめています。また、滝翼も嵐とともに販売を終了。

つまり、これを見る限り「デビュー10年に満たないグループは、数グループとともに販売終了している」ことになります。

 

そうなると、2017年、ぽっかりと単独でA.B.C-Zが出ないのは、なんだか少し寂しいように思います。

 

 

想定②:販売開始から4年でカレンダー販売終了は過去SMAPしかいない?

過去毎年カレンダーを出し続けているグループの中で、4年で販売が終了したのは私の表を見る限りSMAPA.B.C-Zのみです(デビュー4年目であるジャニーズWESTは除く)。

SMAPについては私が発見できてない可能性も十分にありえますので、もしかしたらA.B.C-Zだけかもしれません。

これが何を意味するのかまでは想像できませんが…。

いや想像できるんですけど、考えるのも無駄かなって…。

 

 

想定③:もうA.B.C-Zカレンダーは公式から出ない?

気づき①でも書いたように、基本的に各グループは毎年途切れずにカレンダーを販売しています。そう考えると、2017年以降A.B.C-Zのカレンダーはもう公式からは販売されないのではないか?ということが想像できます。

TOKIOの件があるので、まだ一概には言えませんが。((TOKIOファンの方、1999年と2001年のカレンダー販売についてご存知でしたら教えてください。)

 

とはいえ、過去先輩グループではコンサートグッズでの販売をしていますので、「絶対にえびのカレンダーは出ないんだ」というわけでもないのかとも思います。

 

 

まとめ

邪推した結果、

・タイミング的に突如カレンダー販売がなくなることは過去にある

・ただし、デビューが近いグループで1組だけ出ないのは異例

・4年でカレンダー販売が途切れたもしくは終了したのはSMAPA.B.C-Zのみ

 (SMAPについては要調査)

・一度カレンダー販売を終了したグループは、以降出版社からの販売はない可能性がある

 

ということが言える、となりました。

 

うーん、なぜカレンダーが出ないのかについては、各グループの関連性を見出すことができず結局わからないままとなってしまいました。

もしかしたら舞台のスケジュールとかだったのかもしれないですし、出版社の都合かもしれません。

ただ、やっぱりえびファンとしては寂しい出来事ですし、どうにか出してほしいなと思います。

 

 

まぁなんやかんや言っても2016年ももうおしまい。

たとえカレンダーがでなくとも!A.B.C-Zにはさらなる飛躍をしてほしいなと思います!

塚ちゃんの出演番組も増えたし、「ABChanZoo」もリニューアルしたし、「ゼウス」にも出られたし!ラジオレギュラーだって増えた!

舞台やコンサートも順調だったのではないかな。

 

「売れない」といいつつ、彼らは一歩ずつ着実に進んでいるんですね。

このことを忘れずに、ファンである私も少しずつではあるけれど、彼らの背中を押し続けていきたいと思います。

 

最後に、今回の調査は私が個人でインターネット上で調査したものであり、誤りや抜けなどがあるかもしれません。

何卒温かい目で見ていただけたらと思います。またもしほかグループのファンで「この年のカレンダー持ってます」という情報があればお待ちしています。

 

それではー。

 

藤田ニコルの発言から考えた、自分と向き合うということ

「Invisible TOKYO #4」

少し前に、Amazonプライムでみられるインタビュー動画「Invisible TOKYO #4」を見た。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01IAI1EV2

 

 動画全体のコンセプトとしては

『目に見えない世界』 現代のトーキョーのエッジである“ガールズ文化”を生み出しているアーチストや実業家、ファッションモデル達が毎話登場し、彼らの戦略的思想とエンターテイメントの繋がり、彼らだけに見えてる風景、その独自の視点に迫ります。


とのことで、#4はファッションモデルの三吉彩花藤田ニコルだった。
 彼女たちのインタビューや、ファッション誌のエディター、ディレクターの話から見えてくるのは「等身大」というポイントだった。

 

 

「等身大の自分」を表現

 一番しっくり来たのが「昔は雑誌のコンセプトに合ったモデルを起用し、雑誌のブランドを表現していた。今はモデルのファッションや個性に雑誌がスポットを当てて表現する。ドキュメンタリーを作っているような感覚だ」というファッションディレクターの言葉(意訳あり)。
 今やSNSの影響で発信力を得たモデルたちは、そのモデルの好きなものや信念を次々と世に打ち出している。そこにユーザーがあこがれや共感を持つ。そんなコミュニケーションが確立されていく中に、従来の雑誌にあった「ブランドが売り出したい服」や「雑誌が推したい広告物」といった「意図」が入った瞬間、媒体としての信用をがくっと失う。だから、今はモデルも企画段階から参加して、彼ら彼女らも仕事として全力で楽しめる紙面を作ってるらしい。


 なるほどな、と素直に思った。確かに、今は女優やモデルがさらっと「すっぴん」を晒す。少なからず5年くらい前は、そんなことご法度だったような気がする。いかに「飾らない自分」を表現できるかが、今の芸能におけるポイントなのかもしれない。

 三吉彩花藤田ニコル(特に三吉彩花はとても言葉足らずだったけれど)「いかに自分を見せられるか」「好きなことを貫くのがかっこいい」と言っていた。
 若いのに、すごい。それがたとえ台本があったとしても、20才くらいの女の子が「自分」に素直に向き合ってる姿が、確かにかっこよく見えた。

 

 

自分とは何かを考える

 思えば、今私たちは「自分で考えること」をひどく求められているように思う。
 自分が何が好きで、何が嫌いで、何がしたくて、どうありたいか。
 昔は「みんなと同じ」ならばよかったのだろう。流行にのって同じものを好きになって、とりあえず就職して結婚して生きていけば、よかったのだろう。


 でも今は、そんなことが正しいなんて誰も思ってない。物が溢れすぎていて、1年後にはすぐ新しいソリューションが生まれていってしまう怒涛の世の中。そして、どんどん景気が悪くなり未来がぼんやりと薄暗くなっている世の中。
 無意識のうちに、特に若い人たちは未来なんて楽しくないと思ってるんじゃないだろうか。だから、「今後悔しない生き方」を深く深く模索している。未来が楽しくないのならば、せめて今を楽しく生きたい。
 そのためには、「今何がしたいか」「今何が好きなのか」を自分の中で問い続けなければならない。
 ただそれは難しい。だから、その全力で自分を等身大で表現する人たちに今多くの人々は興味をもって惹かれているんじゃないだろうか。

 

 

凡庸であるということ

 私は、まるで自分が分かっていなかった。小さいころから飽きっぽく、自分で物事を考えるのが苦手ですぐ周りの人に意見を合わせていた。自分が本当は何がしたいのかなんてわからない。ただ、将来への不安や焦燥感、そして「まっとうに生きねば」という使命感に駆られながらずっと生きてきている。だから正直就職活動はうまくいかなかったし、いまだに自分の本当に好きな色もわからない。

 

 だって、考えれば考えるほど「自分が凡庸なこと」がわかってくるから。自分は「やればできる子」だと思っていたい。特別な感覚や才能や思想を持っているんじゃないだろうか。いつか特別な人になれるんじゃないだろうか。そんな自分への傲慢な希望だらけ。
 …ただ、意外と自分はそこまでぶっ飛んだ生き方ができる勇気がないことも薄々わかってる。自分が好きなものを突き詰めれば突き詰めるほど「凡庸」であることが浮き彫りになる。それが良いか悪いかの話ではない。凡庸じゃない自分に憧れていたのに、そうじゃない、という事実が少し寂しいだけ。

 

 でも、私は一方、「凡庸」なことなど何もないことも分かっている。凡庸なことでも、それをいかに明確に突き詰められるかがポイントなのである。それが「自分」であり「特別」「個性」なのだ。
 わかってる。わかってるのだ。
 

 

好きなものに向き合う力

 だから、「Invisible TOKYO #4」を観たことをきっかけに、最近重い腰を上げてようやく自分と向き合い始めた。好きな色の入った画像をひたすらに集めたり、好きな洋服をクリッピングしたりしている。音楽も好きなもののツールを学び、それがどういう分類になっているのかを分析している。少しでもやりたいことがあったらそれをリストにまとめている。ピアノをもう一度弾いてみたい、とかそういうレベルのもの。
 自分が凡庸であるか否かの判断については、いったん頭の隅に置いておいてとにかく自分に忠実であろう。その忠実さを可視化しようという試み。


 そしてわかってきた。私はピンクや青、紫が好き。ジャズフュージョンが好きで、その根源はなんと小学生の時に聞いていたSMAPの初期アルバムだったということ。私は演劇や映画やドラマが好きだということ。でもバッドエンドは大嫌いということ。家事には向いてないということ。東京が大好きだということ、好きな男性の顔は馬面だということ…。

 

 可視化したところで何かが変わるわけではない。特別なことなんて起きないし、飽きっぽいのは変わらないし、心のどこかで「私の人生を誰かにゆだねたい」という他力本願の思考は消えてない。


 ただ、なんとなく「削がれてきた」気はし始めている。好きなものだけを見つけられる集中力や発見力のようなものだ。
 ここから凡庸になるのかそうでなくなるのかは今は考えない。
 自分が何者であるのか、等身大の自分の型を一つ一つ針でくりぬいていくような、そんな生活が始まっているのだ。

A.B.C-Zが東京ドームでコンサートをするにはどうしたらいいのかを考えようよ。

こんにちは、ぐりたです。

 えび夏コンは代々木全滅でした。大変なことです。

 

 

最近モヤモヤ

最近、ずっと頭の中がもやもやしておりました。

理由は明確です。

A.B.C-Zの2ndシングル「Take a "5" train」が全然売れなかったから。

前回の1stシングル「Moonlight Walker」は週間で8万枚。

2ndシングルは3.3万枚。

1/2以上も減ってしまいました。

ランキングも週間3位。アイドルマスターに完敗でした。

 

 

とりあえずたぶんやばい

これは何故なのか。

特典が魅力的じゃなかった、ファンがオリコンの仕組みを理解できてなかった、宣伝が下手だった…

などなど、2ndシングルの売上枚数が発表されてからは、一時期私のえびTLは荒れていました。

 

理由はさっぱりわからないです。

自分の中で仮説はあるのですが、実証するまでに至ってませんし、業界人でもないからどういう仕組なのかもイマイチわかりません。

 

ただ、少なからず「理由はどうであれヤバイことだけはわかります。

どれだけやばいかって、フラゲ日翌日のデイリーオリコンチャートで、スターダスト所属のアイドルDISH///に負けたくらいヤバイ

DISH///には大変失礼かもしれませんが、ゆーて天下のジャニーズなんですよ。1960年代からずっとアイドルの歴史を語り継いできたジャニーズのグループが、スターダストのアイドルに負けた。大変なことです。

 

 

ヤバさの根源は「悲しみ」と「恐怖」

なによりも、悲しいですよね。

何が悲しいって、応援している彼らが悲しむことが悲しい。2ndシングルを出してから、彼らのブログやらにはほとんどシングルの話は出てこなくなってしまった。

1stのときは「1位ありがとー!」みたいなことが書いてあったのに…。

 

そして、恐怖もあります。

このまま売れなくて、どんどん露出も減っていって、私達ファンが彼らを見る機会が失われるかもしれない。彼らがアイドルとしてどんどん縮小していってしまうかもしれない。ジャニーズは典型的なスターシステムで、売れる1割が売れない9割を稼いでるスタイルなはずなので、そうそう一気に活動が縮小されるわけはないと思っているわけですが…

 

 

未来のことを考えてみた~シングル売上枚数と東京ドームコンサートについて~

どうしたらいいんだーーーー!!!!

 

 

 

本当に、どうしたらいいのか、考えました。

具体的には、彼らの夢、東京ドームでのコンサートを叶えるには、どうしたらいいんだろう、と。

 

 

ということで、なんとなくわかる範囲の数字で見てみました。

近年東京ドームでコンサートを行ってるジャニーズグループは、いくら売上枚数を稼いでいるのか。

 

はい、こんな感じでした。

f:id:blue_rendezvous:20160705104407p:plain

直近2枚シングルの週間初動売上枚数をだしました。そして2014年からの東京ドームコンサートの実績有無も。

*1

 青い文字のグループが東京ドームコンサート未経験ですね。

 

えっと、結論から言えばコンスタントに初週12万枚以上稼ぐグループがドームできそう、って感じでした。

東京ドームが収容人数5.5万人。つまり約倍の枚数が週間初動で売れていればいい感じっぽいです。

 

SexyZoneは「カラフルEye's」が17.3万枚売り上げていますが「勝利の日まで」は9.4万枚。そして東京ドームコンサート無し。なので、アベレージ12万枚と推測しています。

 

 

少し話しはずれますが、V6兄さんたちって一度も東京ドームでコンサートしたことないんですね。なんでなんだろう。音楽ブームに乗っかって相当名曲も出してきたグループだとは思うんですがね。

「学校へいこう」の流れから、バラエティ重視になったんでしょうか。最初はえびと同じくアクロバット推しだった気がするけど…

 

戻ります。

 

つまり、A.B.C-Zが東京ドームでコンサートをするにはあと、8.7万枚の初動売上が必要!

 

 

軽く絶望

f:id:blue_rendezvous:20160705104939j:plain

 

ぶっちゃけ、絶望しました。

あの、なんというか、売上金額でみるだったらいくらでもやりようはあるんですよ。

世の中の「売れる」仕組みって、

購入者数×購入回数×購入金額

と言われていて。

購入者が少ないんだったら、購入回数と購入金額を上げればいいってなるんです。

CDで言えば、一人に対して沢山高価なCDを買わせればOKということです。

 

 

でも、東京ドームでコンサートをするって、人数が埋まるか、じゃないですか。

1人が沢山チケット買ったところで埋まらないじゃないですか。*2*3

 

f:id:blue_rendezvous:20160705105200j:plain

 

 

どうすればいいのかを考えよう!

 

大変です、もっと前向きな終わり方になると思ったら絶望なエンディングを迎えました。

 

いやいや、エンディングは迎えてないよ!

しょげてちゃいけないよね!!!!!

やっぱり、どうあがいてもファンの数を増やすしかないようだな!!!!!

分かってたよ!!!!!!

 

 みんなA.B.C-Zを好きになってくれるにはどうしたら良いかな?どこが入口となるのかな?どういう露出をすればファンが増えるのかな?

丁度良い数字が最近出ましたね。

moarh.hatenablog.jp

 

ジャニヲタはてなブロガーといえばこの方、あややさんの大規模アンケート結果。

このうちの

Q3.あなたがジャニヲタになったきっかけは?

を見てみましょう。

 

なんと第1位は「ドラマ!」

なるほど!えびがほとんど通ってきていない道だ!そらファンが少ないわね!!!!

 ついで「バラエティ」「音楽番組」となりました。うーむ。やはり最初は音楽からではないのね。

 

正直、とっつーも「演技派」とはいえ、映画・舞台が中心でありドラマの出演は多くなかったように思います。

ぜひ引き続き演技を磨いていただきたい所存!

最近「コインロッカー・ベイビーズ」で好演し、本人たちも成長を実感できている橋本・河合ペアに是非期待したいものです!

たのむ、えびをドラマに出してくれ~~~~!!!!

 

 

そして、個人的には「ジャニーズバーター」がいいなと思うんです。

A.B.C-Zは下積みが多い分、多くのジャニーズ先輩、後輩たちとの絡みがあります。

 

エピソードも多数ありますし、MusicStationに出る度「ジャニーズものまね」をしては嵐やSMAPといった諸先輩方にフォローされるえび。

 

 

そうそう、こういうこと、もっとしていけばいいんじゃないでしょうか?

先日内博貴くんがまさかの「ABChanZoo」にゲスト出演しましたよね。

すっごく楽しそうだったし、内くんファンの方々もだいぶご満足されたと思っております(自分twitterTL調べ)。

個人的には五関様以外が「内くん」呼び、五関様のみ「内」の呼び捨てで、ものすごく萌えましたっていうかごっちマジで重鎮かよ。

 

彼らの下積みを、苦労エピソードで終わらさずに、その諸先輩・後輩たちと絡むことで笑いに変えてもらい、もっと広まって、そしてそのファンの人達も「あ、えびっていいじゃん」って思ってくれるような。

そんな戦略はいかがでしょうか???

 

あと個人的にはいい加減SNS積極的にやれよと思うのですが、事務所的に無理だと思うので触れないでおきますね…

 

 

 わたしたちもできること増やしてこ…

もちろん、ファンがえびのいいところをいろんなかたちで表現していくことも、大事だと思います。

Twitterで面白いキャプを流すでも、一個テレビの発言を取り上げてレポするでもw

なんでもいいと思います。

とにかく、「ファンの数を増やすことが大事」

布教活動をどんどんしていかねばな!!

それを私も念頭に置いて、色々と彼らを応援できればと思います。

 

 

それではー。

 

*1:参考程度にファンクラブ会員数も出しました。なんかココらへん色々数字や経歴が間違ってたらごめんなさい。

*2: いや、1人が沢山チケットを買ってばらまきゃいい話なんだけど。

*3:まぁキンプリ辺りの人気ジュニアをいれれば埋まるかもだけど。