世界の終わりには君と二人で。

社会人のヲタクがA.B.C-Zを中心に色々とお伝えするブログです。今までの経歴などは→http://profile.hatena.ne.jp/blue_rendezvous/

アイドルへの対価は「愛情」ではなく「成長」だからそこんとこ覚えといて!!!

どうも。ぐりたです。
 
私は仕事でブログを書いたりだとかSNS発信をしたりだとか、そういうことをしているわけですが
先日上司に「もう少し人に伝える能力を身につけたほうが良い」と根本的な指摘を受けました。
そもそもな指摘にただ項垂れるしかありませんでした。
このブログも、もう少しわかりやすく伝えていきたいと思った所存です。
 
 

ジャニヲタであることが嫌そうな彼氏

さて、私には約7年付き合っている彼氏がおりまして。
大学時代からずっと付き合っており、なんだかもう色々と通り越して老夫婦な風格さえ漂わせている関係性になっております。
互いに嫌なことはある程度目をつぶって我慢しあっています(向こうがだいぶ目をつぶってくれている感じはあります。ありがたや)。
 
そんで多分なんですけど、彼氏は私がジャニヲタなの、嫌なんだと思うんです。
ある時一緒にテレビを見ていたら、地下アイドルの追っかけをしている人の特集が流れておりまして、それを見ながら彼氏が
「俺がこんな風にアイドルにきゃーきゃー言ってたら嫌じゃない?w」
と笑いながら言ってきました。
「いや、えっと…私も似たような感じでやってますんでそんな嫌じゃないっすね」
と至って真顔で答えさせていただきましたが、なんとなくその瞬間
「あー、私がジャニヲタやってるのもきっと嫌なんだなー」
と察しました。その時は「ああ、そうね」と彼氏は流してくれましたが。
 
ほんと、申し訳ないなぁと思いました。こんな女で本当に申し訳ない。
良い年してアイドル追っかけして、訳の分からないテンションでMステ見たりなんかして、雑誌の切り抜きを正座しながら丁寧にスクラップしたりなんかしてて、申し訳ない。
 
 

わかってほしいこと

でも、一個分かっていただきたいのは
私は彼らを異性として見てない
ってことなんですよね。
 
なんで彼氏はアイドル追っかけが嫌なんだろう?と想像してみると、おそらく
・なんとなく生理的に無理
・自分でない異性に金と時間と愛情をつぎ込んでるのがムカつく
らへんかなと思っていて。
そら、彼氏は時間と金と愛情を私に与えてくれているわけで、その同等の対価を私に求めているわけですが
私は明らかにアイドルにそれらを与えているように見えるのかなと。
 
これに対して反論をさせていただきますと、
申し訳ないけど貴方(彼氏)とアイドルはマジで格が違いすぎるので同じ「異性」のレベルではない。
もはやアイドルは異性レベルが圧倒的すぎるので「ファンタジー」に近い存在なのです。
なので、私は時間と金と愛情を確かにアイドルにもつぎ込んでますが、貴方とのそれとは違うのです。
 
 

アイドルには対価を求めていない

もっと言えば、アイドルは異性ではなく「コンテンツ」です。一方通行なんですよ。
異性に対する愛情とかって、それこそ上記のように「自分に対する対価」を求めやしませんか?
自分が費やした分だけ自分に振り向いてほしい、付き合ってほしい、愛がほしい…
アイドルはね、そのアイドル自身が新しいことにチャレンジできたり、また次のステージで才能を開花させたりと
「コンテンツ」として成長することが私の「対価」なわけです。
私は「私への対価」が欲しいのではなくて、「アイドルとして輝きを増している姿」がみたいから、応援するんです。
私のような下々に対する対価はそんなにいらない。いや、ファンサとかくれたりするのは超ウレシイですけど…。
彼らがコンテンツとして成長していくことが、何よりの私の喜びなわけです。
 
つまり、アイドルの追っかけと異性への感情はまぁったく違います。
 
自担が私の名前を呼んでくれるより、雑誌でとんでもなく盛れてる姿を披露してくれたほうが、よっぽどヘブンリーな世界ですよ。
 

f:id:blue_rendezvous:20160627121705p:plain

↑ヘブンリーな私イメージ図(最近「いらすとや」にハマっているので入れてみています)

 
 

感情への語彙力が少ないのがヲタク

例えばよく「ああ~~○○と結婚してぇ~」ってtweetとかしますけど、別に本気で結婚したいわけじゃないから。
そら結婚できたらもう人生大変素敵なことになるでしょうよ。でも実際結婚するための努力なんてしたくないしそもそも結婚の仕方わからないし、あんなカッコイイ人と結婚したら自分の醜さに毎日辛くなるだけじゃ??って思うし芸能界なんて水ものな商売な人と結婚するなんてリスクありすぎるでしょ。
なんかもう色々な愛情や羨望が入り混じって結局「結婚したい」っていう言葉に変換されてしまう*1ってことを、どうかご理解いただきたい。別に本当にそうなりたいわけじゃないのよ。
 
 

最後に

まぁ、残念なことにアイドルのプライベートを執拗に追いかけるファン(ジャニーズで言うヤラカシね)や、まだ記憶に新しい小金井の元アイドル傷害事件なども実際ありますが…
基本的にアイドルとファンというのは、(言葉は変ですが)そういう一方通行の対価で成り立ってるんだと思いますよ。
 
 
彼氏よ、どうかそこんところ分かっていただきたい。
 
それではー。
 

*1:なんか似たようなツイートをこのまえ見たから私だけじゃない気がする